ファイナリストFinalist

DBJ女性新ビジネスプランコンペティション

Community Nurse Company株式会社
代表取締役

矢田やた

明子あきこ

島根県

DBJ女性起業ソーシャルデザイン賞

  • 第7回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション
  • サービス
  • 人材
事業概要

まちへ飛び出したナースたち
人と地域に寄り添う「コミュニティナース」が
日本人の健康意識を変えていく

矢田 明子

PROFILE

島根県出雲市出身。NPO法人おっちラボ創設者、Community Nurse Company株式会社代表取締役、島根県雲南市立病院企画係保健師、島根県総合発展計画策定委員。2014年島根大学医学部看護学科卒業後、おっちラボを立ち上げ。雲南市が主催する課題解決人材育成事業「幸雲南塾」で地域に飛び出す医療人材によるコミュニティ作りを提案。育成プログラムを確立し、2017年にCommunity Nurse Company株式会社を設立した。

ビジネスモデル

行政保健では届きにくい地域住民の日常生活の中に飛び込んでいく医療人材であるコミュニティナースの持続的な育成・支援システムを構築する。

また、コミュニティナースのコンセプトで元気で生き生きとしたコミュニティづくりを進めたい自治体や企業と連携を結び、社会実装を加速させる。関係者がクライアントであり、またナレッジの源泉であることを生かし、ナレッジが相互に蓄積供給されるプラットフォームを形成する事業。

これらを通じて、医療介護保険の抑制・看護人材の新たな生かし方・健康で幸せな人の増加を目指す。

  • 画像をクリックすると大きく表示されます

  • 画像をクリックすると大きく表示されます