DBJ

JERI

技術事業化支援センター技術事業化支援センター

MOT研修~Management Of Technology~

MOT

MOT研修とは

MOT研修は、次世代の経営を担うリーダ候補の方々を対象に、Management of Technology(技術経営)やイノベーティブに思考するための知識・理論を提供するプログラムです。2005年以来、延べ614名の方に受講いただいております。研修では自社の持つ技術をいかに新規事業に結びつけて社会的課題の解決につなげるか、理論的かつイノベーティブに、多様なステークホルダーと共創し、新しい価値を探索します。

研修の基本構成

本研修は「理論学習」、「イノベーティブ思考の習得(オープン講座)」で得られた知識を、「ケーススタディ」、「自社分析」で実践的に活用する構成となっています。

研修の特長

  • 「自社の10年後」を構想する自社分析を目標とする実践的な事業戦略立案手法の習得
  • デザイン思考をはじめ、イノベーティブにビジネスを創造するための最新の方法論の体験
  • ケース企業を題材にグループワークを通じた他業種の受講生
    との深い交流と新たな知見・アイディアの発見
  • 製造・サービス・インフラ・物流など多様な業種から次世代のリーダー候補が参加

カリキュラム(例)

受講生の声

  • 日常業務を離れ、中長期的な視点に立って将来を考えることのできる良い機会でした。充実した講師陣による講義・ワークショップから、多くの知見を得ることができました。
  • アイデアの創出を個人のひらめきに頼るのではなく、動機や確実性、組織的な活動としてとらえるために、重要な考え方でした。
  • 経営における基本的スキルが身に付くと共に、単発セミナーの異業種交流とは違って、研修を通じた深い異業種交流が図れました。