DBJ

JERI

技術事業化支援センター技術事業化支援センター

news

2019-09-17

iHub

スーパーシティ・スマートシティのあるべき姿

スーパーシティ・スマートシティのあるべき姿

~社会実装の加速に向けて~

 

関係者が多岐にわたるスマートシティにおけるデータ連携
のあり方、推進母体のあり方、官民連携のあり方など
について一緒に考えませんか

       

               日 時
               2019年10月17日(木) 15:00-18:40(受付開始14:30-)

               場 所
               大手町フィナンシャルシティ サウスタワー3F ホール1・2
               http://www.dbj-r.jp/conferencecenter/access.html

               参加申込

             https://bit.ly/2lF2yba

     

             主 催

               株式会社日本政策投資銀行(DBJ)

             後 援

               一般財団法人日本経済研究所

 

近年経済のデジタル化が進展する中、都市で展開される様々な活動をデジタルデータで連携させて生まれる付加価値のある情報により、
市民のQoL(Quality of Life)向上や地域活性化を目指す、「スマートシティ」が世界的に注目されています。

日本においても、エネルギー、交通、健康、防災など各地で地域の特性を生かした取組みが進んでいます。
そうした中、内閣府において、国家戦略特区を活用した大胆な規制改革と、AI・ビッグデータなどの先端技術を活用することで実現する先進的サービスを、一つの街の暮らしに同時に実装する「スーパーシティ構想」が打ち出され、法案化の動きが進められています。

今回のシンポジウムでは、これらをいかに社会実装化し持続可能なものとしていくか、具体的には、データ連携のあり方、推進母体のあり方、
官民連携のあり方、等に焦点を当てた議論を有識者の方々で展開し、参加者皆様の事業機会を考える場となればと存じます。

 

内 容
 

15:00

開会挨拶

DBJ 取締役常務執行役員 地下誠二 氏

15:05-15:25

デジタルシティ構築のためのアーキテクチャについて

東京大学 教授 野城智也 氏

15:25-15:40

スーパーシティ構想について

内閣府地方創生推進事務局参事官 永山寛理 氏

15:40-15:55

政府におけるスマートシティの取組

について

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付

      企画官 吉川和身 氏

15:55-16:10

未来志向の官民連携について

DBJ 地域企画部次長 竹田英幸 氏   

16:10-16:25

休憩

 

16:25-17:45

パネルディスカッション ~スマートシティ社会実装の加速に向けて~

 

 

 会津若松市 企画政策部企画調整課 副主幹 五十嵐徹 氏

 

 

 浜松市 産業部エネルギー政策課 主幹 松野英男 氏

 

 

 日本電気㈱ NECフェロー 望月康則 氏

 

 

 三菱地所㈱ 開発推進部 都市計画室長 重松眞理子 氏

 

 

    モデレータ DBJ 業務企画部イノベーション推進室課長 菊池武晴 氏

18:00-18:40

ネットワーキング  乾杯挨拶

一般財団法人日本経済研究所理事長 柳 正憲 氏

                    

連 絡 先
一般財団法人日本経済研究所(DBJグループ) ※本件業務をDBJより受託しております。
        技術事業化支援センター
        TEL:03-6262-3183
        E-MAIL:ihub@jeri.org

 

 

 

2019iHub4.0スーパーシティ・スマートシティパンフ.pdf